『でわまがガイド』 『小説目次』 『創作データ』 海猫01, 02, 03目次』

 

でわまが収録作品「プリズナーズ」〜海猫01,02,03より
海猫シリーズ主要ヒロイン総登場!


 本文より.............................................


 野辺地大洋は背をかがめて棟内へ入った。
 背後で扉が閉められる。
 あとは角をひとつ曲がっただけで、さっそく最初の檻房が待っていた。通路に面しているのは電子制御されたドア一枚である。

 収容房X1 収容者二名

 監区長は二冊のファイルを野辺地へ渡した。治安局第四課の公式のものとは少しちがうロゴがファイルの表紙に記されている。じつはこの房のみ、管轄がちがっている。女子教育課に特別に割り当てられた房なのである。女子教育課にも専用の収監設備はあるのだが、訳あってここを使っていた。
 野辺地は無表情のままファイルのひとつを開いた。

 収容者ファイル:A00514
 収容者番号 N514
 収容者氏名 手塚エミ
    年齢 17
     ・
     ・
 【手塚エミのファイルを読む】

 注目すべきはその年齢であるわけだ。未成年者であるところから、正式の管轄は女子教育課なのである。しかし備考欄に書かれた記述がここへの移監を促した。

    備考 反政府活動犯、手塚祐子(既に捕獲済)・長女

 コマンドーの一員の家族であるとなれば、情状酌量の余地はなく、厳しい審決(成人者の判決に当る)がくだされたのだし、第四課で拘束している母親の尋問に役立てるためにもここで面倒を見たほうが合理的と判断されたわけである。
 もちろんこれは書類上の事情である。手塚母娘が海猫の手に落ちた真実の理由は野辺地を含めたごく一部の人間しか知っていない。
 野辺地はしかし何らの感情も表出せずにファイルを読み進めた──。
 体格についての記述は示唆に富んでいる。野辺地はふと視線を上げ、記憶を反芻するように瞳の動きを止めた。初めてこの娘──収容者番号N514──に出合った時の印象を呼び起こしている。当時処女であったプロポーションは収監時のこの数値よりもまだ幼さの残るものだったろう。気性の強さと知性の清純さだけが目立つ、海猫の局員としてはブラックリストに無条件で載せたい若者だった。
 頁をめくった。
 いつもながら優良婦女子教育の道は長く険しい。とくにN514のようなケースでは一歩後退・二歩前進をくりかえしながらの善導矯正とならざるをえない。辛抱強い対応が必要なのだ。
 野辺地はN514とのセックスを記憶していたが、詳細を思いだすほどの執着までは持っていなかったようである。もちろんレイプ体験は多くのティーンにとって衝撃であるだろうが、コマンドーの予備軍においてはそれは飛躍のための『踊り場』にすぎなかったりもするのだ。徹底した管理が求められる所以である。
 最後の頁には収監後の彼女の状況が記載されていた。
 しかしこの評価に楽観すべきではない。未成年者はいずれ社会へ復帰するのであり、社会は誘惑の海である。完璧な更生に思えても『にかわ』はいずれ剥がれ落ちる。徹底した教育、手厚い出所後監察、さらにじゅうぶんな就職斡旋が欠かせない。最終的には人格の優れた海猫関係者との婚姻が望まれる。そうして初めて最適化された思想形成が完了するのである。
 局長はN514のファイルを監区長へ返し、二册目を開いた。

 収容者ファイル:A00518
 収容者番号 N518
 収容者氏名 田野倉エリ
    年齢 17
     ・
     ・
 【田野倉エリのファイルを読む】

(中略)

 同α収監区
 収容房X2 収容者三名

 監区長は三冊のファイルを野辺地へ渡した。
 これは第四課の公式のものである。
 巡察は二つ目の房の前に来ていた。
 ファイルに目を通すだけで、内部の空気の質が既に知れるようである。

 収容者ファイル:B00173
 収容者番号 N173
 収容者氏名 マクガイア,ナンシー(McGuire,Nancy)
    年齢 41
     ・
     ・
 【ナンシー・マクガイアのファイルを読む】


 収容者ファイル:B00180
 収容者番号 N180
 収容者氏名 内藤基子(ナイトウ・モトコ)
    年齢 40
     ・
     ・
 【内藤基子のファイルを読む】


 収容者ファイル:B00192
 収容者番号 N192
 収容者氏名 手塚祐子(テヅカ・ユウコ)
    年齢 43
     ・
     ・
 【手塚祐子のファイルを読む】

(中略)

 同β収監区

 野辺地は一階下の監区へ到着した。通称モグラ房。より重罪、より反抗的な囚人を収容している棟である。監区長も交代だ。ユニホームもちがっている。戦闘的な、君臨するような印象の軍装である。

 収容房Y01

 監区長は三つのファイルを手渡してきた。ここには学生が三人、集められているようである。

 収容者番号 N178
 収容者氏名 高橋ミカ(タカハシ・ミカ)
    年齢 22
     ・
     ・
 【高橋ミカのファイルを読む】


 収容者番号 N348
 収容者氏名 田野倉マリ(タノクラ・マリ)
    年齢 21
     ・
     ・
 【田野倉マリのファイルを読む】


 収容者番号 N404
 収容者氏名 菅野彩(スガノ・アヤ)
    年齢 20
     ・
     ・
 【菅野彩のファイルを読む】

(中略)

 収容房Y02

 今日の巡察では最後になる房の前で野辺地はある種の感慨に耽らざるを得なかった。九十九パーセントの征服感と一パーセントの敗北感が混在した感情。連戦連勝を義務づけられ、事実、難題を次々に克服してきた海猫局長にとって、百パーセントの勝利でなければ平常心を保てないものなのである。
 三册のファイルがある。
 三人とも一パーセントの敗北を常勝軍団に味わわせた最重要収容者ばかりであった。

 収容者ファイル:D00179
 収容者番号 N179
 収容者氏名 森川恭子(モリカワ・キョウコ)
    年齢 31
    職業 弁護士
     ・
     ・
 【森川恭子のファイルを読む】


 収容者ファイル:D00349
 収容者番号 N349
 収容者氏名 鴇聡子(トキ・サトコ)
    年齢 36
    職業 大学教員(経済学部助教授)
     ・
     ・
 【鴇聡子のファイルを読む】


 収容者ファイル:D00403
 収容者番号 N403
 収容者氏名 伝法ゆかり(デンポウ・ユカリ)
    年齢 30
    職業 国家公務員(検察部検察官)
     ・
     ・
 【伝法ゆかりのファイルを読む】

(中略)

 収容者ファイル:D00403

 収容者番号 N403
 収容者氏名 伝法ゆかり(デンポウ・ユカリ)
    年齢 30
    職業 国家公務員(検察部検察官)
    学歴 国立四年制大学法学部
  収容理由 国家反逆罪 誣告罪 機密漏洩 犯人隠避 
    判決 懲役12年 のちに懲役18年
       思想改造 矯正労働
  拘置期間 四十五日目

    備考 反政府活動犯、菅野彩(既に捕獲済)と共謀。

    体位(収監時測定・単位/cm・kg)
     身長165 体重59
     胸囲(乳頭位)85 胴囲65 腰囲89
     顔長23.2 顔幅15.7
     肩幅37.3 肩高(胸骨上縁高)133.8
     上枝長(腕長)69.8 上腕長29.7 前腕長22.8
     上腕囲(太さ)26.1 前腕最大囲(太さ)24.0
     手長18.5 手幅7.4
     脚長(恥骨結合上縁高)82.8 転子高(大腿骨の付け根)83.6
     膝下(大腿骨外側上顆高)44.6 大腿囲55.8 下腿最大囲37.0
     足長(大きさ)23.1 足幅9.6

    体位(骨格・収監時)
     顔輪郭・丸 鎖骨・可視 肩甲骨・可視 肋骨・不可視 腰骨・不可視
     内股密着(起立時) 膝・順又 踵・堅固 手指・細長 足指・細短
     爪・濁り無し

    体位(肉付き・収監時)
     頬・ふっくら 顎・並 首・細 胸板・やや薄 胸部肉丘・可視
     腹・やや薄
     臀・大 陰部・肉厚 太腿・太 脹ら脛・やや太 足首・細
     皮脂厚・上腕三頭筋部23ミリ 肩甲骨下角部19ミリ
         陽骨棘部(下腹)22.5ミリ 下腿内側16.3ミリ

    男子性衝動誘乱部位詳察
     生理/周期・27日 排卵・多 重い
       評価=誘乱度・やや危 

(以下略)

 本文より.............................................

 

『でわまがガイド』 『小説目次』 『創作データ』 海猫01, 02, 03目次』